ちゃまる

弱英語力の私が英語圏のシンガポールで生活するとどうなるか?育児に家事に勉強に!夫と息子ちゃまるとの海外生活を楽しむ!

島の再開発によりセントーサ・マーライオン取り壊し決定|国の守り神なのに解体して大丈夫?!

つい先日家族でセントーサ島に行ったばかりで

「いっぱい思い出できたね」

「セントーサのマーライオン大っきかったね!」

っと思い出に浸っていた矢先にこんなニュースが!

なんと、セントーサのマーライオン取り壊しが決定したそうです。

最も高いマーライオン取り壊しニュース!まとめ

  • セントーサ島にある全長37mのマーライオンが撤去
  • 新しく隣接するブラウ島を含め島9,000万ドルをかけたビッグプロジェクトがスタート
  • 訪問可能なのは10月20日まで、年末までに解体工事を進めていく

www.straitstimes.com

二つの島の大規模な再開発

今回セントーサ島の大規模な改造のために隣接するブラウ島も含め新しい再開発プロジェクトが進められています。そのため、24年間シンガポールを守り続けたお父さんマーライオンはあえなく撤去されることになりました。

マーライオンが建てられたのは1995年、その時島を訪れる人は400万人から600万人だったのが、2018年ではなんと1900万人以上だったそうです。いかにシンガポールを代表するスポットになっているかがわかります。

f:id:sato0445:20190923003208j:image

 

今以上に交通の整備と新たな施設が求められているということでしょうか。

セントーサマーライオンは有料で中に入ることが出来てシンガポールの歴史シアターが見れたり記念メダルなどがゲット出来るのですが、残念ながら今回の私たちの家族旅行にリストアップされることすらありませんでした。たくさんの魅力的な施設があるセントーサ島、ライバルの施設と比べるとセントーサマーライオンも大変です。ちなみに記事によると、専門家からも「少し時代遅れ」との評価を頂いているそうです。。残念。。

魅了ある5つのゾーンへリニューアル

かなり簡単ではありますが一つ目アトラクションが楽しめるエリア、二つ目はホテルや会議スペースエリア、三つ目は未来をイメージしたエリア、四つ目は自然や遺産を楽しむエリア、最後にビーチも整備されていくようです。

f:id:sato0445:20190923003323j:image

例えば、海辺はこんな感じのようですね。(イメージです)正直、セントーサ島のビーチに行ったら数100m先に大きな船が何隻も停泊していて驚きました。砂も綺麗ですし海も比較的綺麗なので…いろんな意味で開発が楽しみです。

f:id:sato0445:20190923003357j:image

ただ、すぐすぐということではなく、プロジェクト自体20年〜30年かけて行われる予定なんだそうです。

これからセントーサ島に行くのに再開発で楽しめる?

それに関しては問題なく、今年末までにシロソ・グリーンライフスタイルとパラワンビーチのアトラクションがオープン予定になっていて私たちをさらに楽しませてくれるようです。

f:id:sato0445:20190923003404j:image

シロソ・グリーンライフスタイルは海辺のコンテナをイメージした複合施設で、食事はもちろんバーなどお酒が楽しめたり、ライブミュージックが楽しめるようです。また、海辺にはホテルも建設中なので、ますます夜のセントーサを楽しめるようになっています。

10月20日までであれば訪問可能

21日から早速解体作業を始めるのかはわかりませんが、中の施設等の利用は20日までになるそうです。もしかしたら、思い出のあるシンガポリアンや世界のマーライオンファンがこれから連日列をなして訪問するのかもしれません

 国の守り神といえども「少し時代遅れ」と言われ取り壊されてしまうとはなんとも切ない話です。

もっとマーライオンを詳しく知りたい方

ちょっとマーライオンに興味が湧いた方は次のシンガポール伝説(おとぎ話)もご覧になってみてください。

シンガポールの伝説

昔々、マレーシアの王族が船に乗っていると海がものすごく荒れはじめました。その波に困ってしまって「どうかこの王冠を捧げるので大波をしずめてください!」とぽいっと海に投げ入れたんだそうです。そうしたらなんと海が鎮まり、見たこともない大地に降り立つことができたそうです。恐る恐る島の捜索をすると、一匹のライオンが現れたのです。王族はびっくりするのですが「お主らにこの土地を治めることを許そう…」わざわざ言って立ち去ったんだそうです。。なんとも律儀なライオンさんですね。

王族はこの土地を「ライオンの都市」を意味する「シンガプーラとなずけマーライオンを国の守り神として祀ったという伝説なんだそうです。

そもそも何個あるの?

一つ目は、マーライオン公園(本家)これは一番有名なマーライオンですよね。みなさん面白い写真を撮られているのをよく見ます。先日家族で行ってきたのですが、観光客の方々が楽しそうに写真を取っていました。

二つ目は本家の背後のミニマーライオン本家の背後に控えめにいる子供のミニマーライオン。可愛らしい像です。

それ以外にはシンガポール政府観光局本局前・フェーバー山・アン・モ・キオ公団団地にあります。