ちゃまる

弱英語力の私が英語圏のシンガポールで生活するとどうなるか?育児に家事に勉強に!夫と息子ちゃまるとの海外生活を楽しむ!

外出先で菌やウイルスを徹底ブロック|インフルエンザなどの感染を防ぐポイントと便利グッズ

寒い時期になると流行りだすインフルエンザやノロウイルス。特にお子さんがいる家庭では子供から大人に感染して家族内でパンデミック!なんてことも多いのでは。また最近ニュースに取り上げられている中国で感染が広がりつつある新型コロナウイルスも心配の一つ。まずは、菌やウイルスを持ち込まないために外出時に効果的な対策と便利な除菌グッズをまとめました。

f:id:sato0445:20200120231342j:image

どんな感染症があるの?

冬の主な感染症は、インフルエンザ・ノロウイルスロタウイルス溶連菌感染症・RSウイルス感染症などが多く、小さい子供の場合は重症化しやすいので家族での対策が重要です。

感染予防のための具体的な対策
  • 手洗いをしていない手で口の周りや鼻、目を触らない
  • 頻繁に手洗いを行う(石鹸やアルコール消毒液など)
  • 人混みにはいかないこと
  • 症状のある人はマスクを着用すること
1.同じ電車にいて同じ空気を吸うとインフルエンザはうつるの?

日常的な空気で感染するのは、結核、麻疹(はしか)、水痘(みずぼうそう)の3つだけ。インフルエンザは「空気感染」の感染症ではありません。そのため、同じ電車の車両にいるだけで感染するというわけではないんです。

2,やっぱり手洗いが重要!

特に冬に流行る感染症飛沫感染接触感染で、手から入ることがほとんどなんだそうです、やっぱり手洗いが重要!でも外出時だと近くに手洗いが出来るところがなかったりするので困ることありませんか?

私は気づいた時にサッと「手洗いができる」手ピカジェルを愛用しています。本当に簡単!便利です。さらっとしていて匂いがないので食事前にも嬉しい。もちろん重ねづけも◎

【指定医薬部外品】手ピカジェルおでかけホルダーピンク60ml(携帯用)

【指定医薬部外品】手ピカジェルおでかけホルダーピンク60ml(携帯用)

  • 発売日: 2011/10/12
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 
3.20分ごとに水・お茶を飲む!

20分おきに飲み物を摂取するだけで簡単にできるインフルエンザ予防が出来るのだとか!ウイルスがノドの粘膜に吸着して感染するそうで、その前に飲み物で胃に落としてウイルスを殺すことが出来ます。

4.もっと手軽に空気から除菌!

もっと手軽にケアしたい!空間や物に付着してるウイルスや菌を除去してくれるクレベリン。ホームページでは「99.9 %のウイルスや菌を除菌!」とのこと、なんとも心強い。…移動中にも使えるスティックタイプもあるので使えそうますよね。

5.飛行機の中って空気が悪そう

私もそう思っていたのですが実はかなりきれいなんです!例えばANAの機内では半分が循環されていて5分に1回は空気が完全に入れ替わっている状態なのだとか。空気の綺麗さは手術室並み。ちょっと安心しました。

6.なんでも触りたがる子供のために

ぺたぺたと色んなところを触ってしまう子供。除菌シートを利用して菌やウイルスから守ってあげましょう。除菌シートの効果的な使い方はなでるよりも、しっかりと拭き取ることがより効果的なんだとか。手軽に買えるのでバッグに一つあると安心です。

6.ハンドドライヤーの使用は要注意!

公共のトイレにあるハンドドライヤーは噴射時に菌が付着する可能性が高いのだとか。(せっかく手洗いをしているのに本末転倒)外出時はハンカチよりも携帯用のペーパータオルが衛生的です。

7.うがいができない子供は?

 赤ちゃんの場合うがいはできないですが水分を定期的に摂ることで口の中を清潔にし感染予防することに繋がります。こまめな水分補給を取りましょう。

まとめ:私の経験談①おむつ交換台からノロウイルスに感染

外出時に赤ちゃんのオムツを交換する時に利用するのが公衆トイレの交換台。実は高確率でノロウイルス接触するデンジャースポット!!使用した後は手洗いはもちろん、使用する前はサッと除菌シートで拭くといいと思います。

来月の上旬に新幹線・飛行機等子供との移動を控えているので今から感染症対策をしっかりして臨みたいと思います。

 

news.yahoo.co.jp

引用

冬の感染症 予防するには? - NHK Eテレ すくすく子育て

クレベリン|総合TOP | 大幸薬品株式会社

トイレの「ハンドドライヤー」を使ってはいけない | あの人はなぜ風邪をひかないのか? | ダイヤモンド・オンライン

手ピカジェル ホームページ

インフルエンザ20分おきに「あること」を行うだけで予防に繋がる!?簡単な予防法が話題に! | 秒刊SUNDAY

http://www.cick.jp/column/archives/87