ちゃまる

弱英語力の私が英語圏のシンガポールで生活するとどうなるか?育児に家事に勉強に!夫と息子ちゃまるとの海外生活を楽しむ!

実際の駐在妻ってどんな人達??|独断!シンガポールの駐在ママとは

f:id:sato0445:20200119160518p:image

駐妻(今回は駐在ママがメイン)といえばセレブで憧れる生活を想像する方も多いのではないでしょうか。高層階でプール付きの家に、メイドさんや運転手付きの生活…アフタヌーンティーで優雅に談笑。実際にどうなのか?今回その真実を暴いていきたいと思います。

多くの駐在ママの共通点

私自身が小さい子供の育児中なので同じようなお母さんと知り合いになることが多いのですが、お話をしているとある共通点が…それは多くの方がワンオペ育児で切磋琢磨、セレブ生活とは言えないような毎日を過ごしているということです。

なぜかというとセレブ生活の代表!メイドさん!駐在妻でこのメイドさんを雇っているかどうかがセレブ生活の鍵だと思います。その分時間に余裕ができますし、雇うからには費用も掛かりますから。でもお会いしていると雇っている方をほとんどみません。実際の駐在ママは倹約している方が多いです。

いつかは日本に帰る…みなさん堅実に倹約中

身内がいない海外では夫しか頼れる人がいないです。でも海外駐在で働く夫に仕事を割いて育児をお願いすることもできず、もうすぐ休みの日だと喜んでいると突然の出勤や接待、出張と、ワンオペでのスキルだけがどんどん上がっていくような生活をしている方が非常に多いと思います。

唯一のセレブっぽいこと(笑)

でも唯一セレブぽいと言えば、住んでいるエリアが高級住宅街や高層マンション・コンドミニアムだったりすることではないでしょうか。プールも付いてます。みなさんいいところに住んでますよ。(我が家ではGが一度でましたが…)子供をやっと寝かせて溜まった家事をやりながらマリーナベイサンズの夜景を見るような生活です(実際は夜景を見る暇もなく朝を迎えています)

 駐在妻セレブはもはや絶滅危惧種

ネットに良くある駐在妻=セレブ・マダムはもはや絶滅危惧種、彼女らはごくごく限られた人々のことです。それだけ駐在することが当たり前になってきているんでしょうね。それこそ私のようなセレブもどきですが会社のお金で素敵なコンドに住めるなんてありがたいことです。

ちなみに、そのため飛行機のクラスもエコノミーです。ビジネスクラスで足を伸ばして中距離フライト!のんのん!それでもLCCじゃなくANAにのさせてもらえるのでありがたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

せっかくなので駐在ママのファッションなども簡単にまとめました。

駐在ママのファッション

ファッションは程よく上品で綺麗にされている方が多いように感じます。でも、すごくオシャレかというとそこまでではなく、コンサバで無難、上品なファッションをされる方が多いとおもいます。海外では露出が多い外国人(そもそも自分が外国人なわけですが)が、多いですが、それは変わらずシンガポールでも日本人の方は露出が少なくあまりブランド物(中国人の方は大好きですが)というよりも、柄は少なく綺麗色の洋服をよく着られています。駐在して数ヶ月で「この人日本人だな…」とわかるようになりました。なんでしょう、あのオーラーは??今度これに関しても記事が書けそうです。

駐在ママのベビーグッズ

ベビーカーはダントツでコンビかアップリカ、あとはエアバギーの方も見ます。マザーズバッグは様々で、「やっぱり、ロンハーマンマザーズバッグとか持っている人が多いのかしら…??」とか思っていましたが、そんなに多くないです。みなさんん適当なトートバッグなんかを活用していらっしゃいます。

まとめ

海外駐在もごくごく一般的になってきていると思うので、駐在がきまりワクワクしている方はご主人の会社からの手当がどれぐらい・どのようなものがつくのか良く相談されるといいと思います。(実際に一定の生活費をもらって生活し、総額はわからないという方も多くいらっしゃるそうなので、その辺も!)