ちゃまる

弱英語力の私が英語圏のシンガポールで生活するとどうなるか?育児に家事に勉強に!夫と息子ちゃまるとの海外生活を楽しむ!

【地元の人が絶賛!】中華系デザート@阿秋甜品の絶品スイーツと謎の臭団子

主人の同僚の方が私がおいしいスイーツのお店を探しているとのことを知り「ぜひ行ってみて美味しいょ!」とのことで紹介してくれたお店です。

「阿秋甜品」というお店、読み方はなんていうんでしょうか?

普通は午前中にやっているものだと思っていたら、なんと土曜日は13:30が開店とのことでGoogleMAPに感謝しながら13:15ごろ店の前に到着しました。(ブギス駅にあります)

見ると隣の3人家族と私の2組だけ

シャッターが開くまで待つかと椅子に座っていたものの30分35分とたってもシャッターがあかない!不安に思って見渡してみると左側に人だかりが!!なんと、このお店隣に並ぶのがルールらしく待っていたものの最後尾に並ぶ羽目に

 

でも、席に座れたのは救われたところ

一人で来ているのは私と隣のランニングの男性だけ

あとは家族連れ右隣には男の子二人組

すぐに席はいっぱいに

そしてテーブルには黄色い5センチ角ぐらいの黄色い紙には18番と書かれています

ここに頼みたいものを記入するのかと

待っている時にずっと考えていた

マンゴーとポメロのデザートにしようとD2と記入

 

これが全ての始まりでした...

 

そんなことをしているうちに周りのテーブルから一人二人と減っていき、気づけば私と数人しか部屋にいない

なんなら、その数人はさっき外に出ていって戻ってきた人はないか

 

すぐ店員を呼ぶと立ち上がるように指示され店を出た左側を指し示され

その先をみると私がずっと待っていたシャッターは開かれ、その前に長蛇の列

なんと食べるところと注文するところが違うというシステム

 

すぐに最後尾に並び自分の注文がくる順番を待っていましたが、みなさん既に何を注文するのか決まっているので会計はどんどんすすむ

 

私の番になり愛想があまり良くない若い女性がお会計をしてくれました

そのあとに元の部屋に戻ると机の上に木が置かれていました。座って数分で頼んだものを男性スタッフが持ってきてくれたデザートがこちら

 

 

マンゴーココナッツ??のジュースの中にごろごろと

フレッシュなマンゴーにつぶつぶポメロ、かちわり氷がおいしい

 

そして中にねっとりした団子が

なんでしょうか?

苦手です。ちょっと臭い??

いや癖のなる芋団子??なるものが入っていました。

 

団子以外は本当においしい

めちゃめちゃおいしい

 

結局その臭い団子は申し訳ないのですが残してしまいました

 

こういったローカルなお店は独自のルールがあるので

初めてきた人間には戸惑いますよね

 

それも私の場合英語ができないので36歳にして

右往左往といった感じ。今日もまた美味しいスイーツとローカルルールに翻弄されて脳が活性したのでした。

 

ちなみにその臭い団子なんだったかと言うと

こちらが私が注文したD2

【Durian Mango sago with pomelo】

 

Durian...Durian...ドリアン...ドリアン(笑)

ドリアン団子だったんですそれ!私初めて食べました

さつまいもがちょっと生臭いような、そんな味でした。良かったら皆さんもぜひ

 

私は次違うの頼みます