ちゃまる

弱英語力の私が英語圏のシンガポールで生活するとどうなるか?育児に家事に勉強に!夫と息子ちゃまるとの海外生活を楽しむ!

シンガポール全土を漂う不快な白いモヤ|深刻なヘイズ問題

シンガポールに来たのが8月3日、それから一ヶ月ちょっとすぎたわけですが、ずっとモヤのような曇りの日が続いています。私、これがシンガポールなのだと思っていたのですが違うのだとか。

ただ、2019年9月14日の今日は真っ白です!街が白いモヤに覆われていて喉がなんだかイガイガしております。

このモヤは?なに?

f:id:sato0445:20190914210159j:image

高層ビルが立ち並ぶシンガポールですが、数キロ先のビルからうっすら白いモヤに隠れているんですね。朝霧のような、でもそんな清々しいものではなく何か悪いモヤが全体を覆っているのです。これ煙なんです。

東南アジアのヘイズ問題

この煙、お隣の国「スマトラ島」の焼畑の煙が、遠路はるばるシンガポールやマレーシアまで来て煙害となって健康被害をもたらしています。スマトラ島の人がどんどん畑を焼いて!焼いて!焼きまくっていることが大きな問題になっていて毎日ニュースになっているそうです。

健康被害をもたらす煙害

じゃあこの煙吸うとどうなるかというと呼吸障害を引き起こしたりするそうで、小さい子供や妊娠中の女性、持病のある方も特に注意が必要なんだそうです。それに、5年10年先の健康にも影響する可能性もあるので心配です。あと個人的に目がチカチカしてコンタクトを取りたくなるのと喉がイガイガします。

なんで焼いているの?やめさせられないの?

そもそもなんで焼いているのかというとアブラヤシという植物を育てるため。この植物から取れるパーム油がスマトラ島の大事な産業になっているんだとか。

焼き畑をすると

  • 簡単に土地が耕せる
  • 焼いた灰が肥料になる
  • 有害な虫を殺せる

「焼いた土地でアブラヤシを育てる」これが一番生産性が高い育て方なんだそうです。なかなかそこに住んで生計を立てている人々にとってやめられない事情もある。

パーム油ってなに?

「パーム油?ただの植物油か」と思うなかれ実は世界で一番使用されている植物油で麺やパン、お菓子など食べ物にも使われていたり、化粧品や洗剤にも使われている油。私たちの生活にめちゃめちゃお世話になっているわけです。日々使用している食べ物や日用品の原料が遠く離れた地で大きな問題になっているなんて考えさせられます。

 どうにかしてほしい

この一言に尽きます。なんとかならないのでしょうか?政府が動いてスマトラ島に「なんとか止めさせてください!」って申し入れしたのだとか。スマトラ島政府も「やめさせるように言いますので、はいはい。」とはいったものの、続く煙害。困りました。

私ができること空気清浄機を検討します!

まず、子供がいるので余計な外出はできるだけ控えようと思います。あとは空気清浄機…どうなんでしょうか。やはり買ったほうがいいのでしょうか。ちょっと調べて見たいと思います。こういうことについては「問題ないっしょ〜」というタイプなんですが、そんな私でも「大丈夫??」と思うほどの状況です。来週からF−1も始まってくるのに非常に心配です。